続宮本武蔵 一乗寺の決斗(映画)

スポンサーリンク

吉川英治原作の『宮本武蔵』を題材とした歴史映画。1955年度版全三部作の二作目。
いつの間にか達人級の腕前になった武蔵は、次々と決闘に勝利し名門吉岡との闘いへと望むことになる。

年代 AD17C
大陸/国 アジア/日本
制作年 1955
制作国 日本
主な登場人物 宮本武蔵,宍戸梅軒,吉岡清十郎,沢庵宗彭,佐々木小次郎など

個人評

三部作の2作目で、佐々木小次郎は登場するが、決闘はまだ。
決闘の舞台裏では、おつう、あけみなど幾人もの女性が武蔵を慕い女の嫉妬や戦いが繰り広げられるのも見もの。やはり宮本武蔵は面白い。ついでに日本の古き良き時代の自然を見れるのもまた良い。

人物

宮本武蔵

当初の粗暴さは失われ、一人の剣豪として自らを律し、鍛え続ける。

おつう

武蔵の幼馴染。武蔵を慕い追いかけるストーカー気質のヒロイン。

朱実

こちらも武蔵を慕う女性。ストーカー2号である。

佐々木小次郎

武蔵のライバル。かなりキザっぽい。おつうに負けず劣らずの武蔵ストーカーである。

宍戸梅軒

くさりがまで戦うが、善戦むなしく武蔵に敗れる。

関連リンク

スポンサーリンク

関連作品

関連タグ

スポンサーリンク

キーワードで探す

カテゴリから探す