宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島(映画)

「宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島(映画)」に関する情報データとレビューページです。

スポンサーリンク

吉川英治原作の『宮本武蔵』を題材とした歴史映画。1956年度版全三部作の三作目。
ついに佐々木小次郎との決着をつけることに。そして女性陣との決着も…。

年代 AD17C
大陸/国 アジア/日本
制作年 1956
制作国 日本
主な登場人物 宮本武蔵,佐々木小次郎,沢庵宗彭など

個人評

三部作の3作目で、いよいよ巌流島の決戦でクライマックスを迎える。
三部作を通して、又八とかあけみ、武蔵を追いかけるばあさんとかの結末が他のシリーズとは違いがある。おつうの朱美のかけあいもちょっとおもしろい。

人物

宮本武蔵

当初の粗暴さは失われ、一人の剣豪として自らを律し、鍛え続ける。

おつう

武蔵の幼馴染。武蔵を慕い追いかけるストーカー気質のヒロイン。

朱実

こちらも武蔵を慕う女性。ストーカー2号である。最後の最後にとんでもない行動に出る。

佐々木小次郎

武蔵のライバル。かなりキザっぽい。おつうに負けず劣らずの武蔵ストーカーである。

関連リンク

スポンサーリンク

関連作品

関連タグ


キーワードで探す

カテゴリから探す