信長燃ゆ(TVドラマ)

「信長燃ゆ(TVドラマ)」に関する情報データとレビューページです。

スポンサーリンク

織田信長が本能寺の変に至るまでを描いた歴史ドラマ。新春ドラマ。 安部龍太郎の同名タイトル小説が原作。
信長に仕えていた森某丸は、かつて信長と懇意にしていた観修寺晴子に本能寺の変の真実について語り出す。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
年代 AD16C
大陸/国 アジア/日本
制作年 2016
制作国 日本
主な登場人物 織田信長,観修寺晴子,近衛前久,近衛信基,森蘭丸,織田信忠,明智光秀,徳川家康など

個人評

本能寺の変に至るまでの流れを、朝廷目線側で表現されている。明智光秀の恨みからの謀反という説が強いが、このドラマでは、朝廷を守るために行われ裏で暗躍する人物がいたというストーリーとなっている。
朝廷側の誠仁親王の妻である観修寺晴子と信長がなにやらいい雰囲気になるが、観修寺晴子のWikipediaにもそういった記述もないのでこの辺りは創作であろう。ところで濃姫は出番なかった。

事象

本能寺の変

明智光秀の謀反により織田信長が討たれる。本能寺に滞在していた織田信長は供回りが少なく、多勢に無勢であった。
最後には敦盛の舞を踊りつつ「是非もなし」と言ったもしれないが、「やべぇ」とか「ぶっとばすぞおお!」とか何を言ったのかは本人のみぞ知るである。

人物

織田信長

戦国時代の風雲児。あらゆる革命を起こし戦国時代への終わりへと導いた。時代の英雄である。ドラマでは世界の中の小さい日本の将来に愁いを抱き、早期国内への統一を図り、世界と渡り合える日本を目指そうとする。

観修寺晴子

徐々に信長を慕うようになるが、旦那もいるし不倫じゃないか…。

近衛前久、近衛信基

親子で信長に仕えるが、父は朝廷の権威を保つことを願い、息子は信長に心酔する。この辺りの対比が非常にうまい。

明智光秀

有能ではあるがなぜか信長に嫌われる損な役回りが多い。自分の領土を召し上げられなどの自身の扱い、朝廷の扱いなど現代流に言うとブチ切れたって感じで謀反を起こしたのであろうか。

関連商品

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

関連リンク

スポンサーリンク

関連作品

関連タグ


キーワードで探す

カテゴリから探す