新選組血風録 近藤勇(映画)

「新選組血風録 近藤勇(映画)」に関する情報データとレビューページです。

スポンサーリンク

幕末、近藤勇を中心とした新選組の抗争を描く。司馬遼太郎原作の同名タイトル。白黒映画。
篠原泰之助は伊東甲子太郎に誘われ新選組へと入る。篠原は近藤に気に入られるが、徐々に思想の違いにより対立していくこととなる。

年代 AD19C
大陸/国 アジア/日本
制作年 1963
制作国 日本
主な登場人物 近藤勇,篠原泰之助,伊東甲子太郎,土方歳三,徳川家茂など

個人評

古い映画ではあるが俳優がなかなか迫力がありストーリーも至ってシンプルでわかりやすい。ただ、多くの新選組の隊士が登場しているが、ほとんど見分けつかない。キャストが分かりにくいのがちょっと難点。タイトルは近藤勇となっているが、篠原泰之助という隊士に多くスポットが当たっている。
最後は天満屋での抗争でフィナーレを迎えるので、近藤勇の生涯を見れるってわけではない。

事象

近江屋事件

坂本竜馬らが暗殺された事件。新選組がやったんだろうと嫌疑をかけられる。

油小路事件

新選組内の抗争。伊東甲子太郎らが殺害される。

人物

近藤勇

新選組の隊長。とてもえらいさん。

篠原泰之助

のちに新選組の隊員となるが抜けてしまう。すかしたイケメン。

関連商品

小説

新選組血風録(角川文庫)/司馬遼太郎

関連リンク

関連作品

関連タグ


キーワードで探す

カテゴリから探す